HOME>注目記事>大阪の賃貸オフィスの選択に為になる知識を紹介!

賃貸物件の相違点と類似点

大阪の不動産にてオフィスとして利用出来る賃貸物件の内、賃貸オフィスと賃貸マンションを比べています。どの様な違いがあり、どの様な部分が似ているかが分かるでしょう。

オフィスとして利用可能な2つの賃貸物件を比較

賃貸オフィス

賃貸オフィスは、初期費用としてかかる保証金は、家賃の3~8ケ月分くらいになっています。そのため、初期費用が高くなる傾向にあるようです。その分、色んなレイアウトがしやすく、パソコンの回線の導入が自由に出来て、許可を貰えれば内装工事も可能というメリットがあります。

賃貸マンション

オフィスとしても利用出来る賃貸マンションは、通常のマンションと同様に敷金は家賃の2~3ケ月分くらいになります。初期費用は抑えられますが、オフィスとしての使い勝手は良くないようです。ただし、広々キッチンがあったり、シャワールームがあったりと、アットホームな空間つくりには最適な物件になるでしょう。

オフィスのスペースをチェックしよう

私服の男性

大阪にて事業を起こす為に、賃貸オフィスを借りる方もいるでしょう。その際に、確認しておくと良いことがあります。それは、賃貸オフィスのスペースです。大まかに、どれぐらいの広さのオフィスが必要かはイメージ出来ると思います。しかし、必要になるオフィスの広さを把握するのは、初心者には難しいです。例えば、オフィスで働く方が5人の場合、机5台にミーティングする場所が必要です。それらのスペースを確保するには、およそ40平米の広さのオフィスが必要になるでしょう。この様な計算は、賃貸物件のプロである不動産の方に、どれぐらいのスペースが必要になるか聞いてみると良いですよ。それを元に、スペースが十分にある賃貸オフィスを選ぶようにしましょう。

賃貸オフィスを借りる際の費用

スーツの男女

賃貸オフィスは、通常の賃貸物件を借りる時と同様に初期費用がかかります。初期費用は、主に保証金・前家賃・仲介手数料・保証会社保証料・火災保険料などです。ただ、通常の賃貸物件よりも大幅に費用が高くなっているため、それらの費用を準備しておく必要があります。何百万単位で費用がかかるため、銀行などからローンで借りる方もいるようです。それに、初の起業の場合、家具購入費やパソコン購入費・内線や外線の両方の通信が可能なビジネスホンの導入にかかる費用もあります。賃貸オフィスを借りる時に、どれくらいの初期費用が必要で、何を購入しなくてはならないか等を考えておきましょう。そして、かかる出費の全額を計算して、把握しておくようにしてください。

広告募集中